アルファベットのタイピング練習

Type text into the edit field.

タイピング練習
スタート
0
0
0%

「タイプ・ターゲット」に表示されている内容を入力して下さい。

アルファベットのキー配列(キーボード配列)の覚え方

「ザクXSは、アル中っぽい(ZAQ XS were rtyu poi)」という語呂で、キー配列(キーボード・レイアウト)の半分が覚えられる。残りのキーは、「abcの歌順」に並んでいる箇所に注目。すると、「CDE」、「FGH」、「JKL」、「MN」がライン上に並んでいることに気づく。そこまでくれば、あとは「B」と「V」を覚えるのみ。

キーボードの運指図

タイピング時の運指(指の運び、指の割り当て)は、色分けされたこの「運指図」通り。左上から「右下斜め」に、各指を割り当てる。

また、「C」を担当する指は、左手の中指がセオリー。癖で人差し指でタイピングしていないか、「要確認」。

タッチタイピングの上達のコツ

タッチタイプ(ブラインドタッチ)を習得するうえで、まず重要なのは、「キーボードを見ない習慣」。そして、「絶対タッチタイピングをマスターするんだ」という「強い意思」。更には、自らの癖に気づく「自己分析力」。

「Enterキー」は、「コントロールしやすい人差し指」を使ってしまいがちだが、意識的に小指を使う。その際、人差し指は、可能な限り「J」のキーの上に置いたままにする。もちろん、それは、指の現在地点を見失わないようにするため。そして、指の移動距離を短くすることで、タイピングの入力速度を向上させるため。

同様に、「Backspace」も、「Shift」も、小指。「スペース」は「親指」。そのように割り当てられたら完璧。