英語のリスニング

日本人は英語を聞き取るのに苦労するが、外国人は、日本語を容易に聞き取ることができる。これは、日本語の音声が「ア」、「イ」、「ウ」、「エ」、「オ」の5個の母音で構成されるのに対し、彼らの言語は、それらの母音を含みつつ、それ以外の母音も使用する構成になっていることに起因する。だから、日本人は、英語の「頭」の音を認識できず、その後に続く音声も、まとめてノイズに聞こえてしまうのだ。しかし、「英語の母音」も無数に存在するわけではない。繰り返しトレーニングを行えば、必ず聞き取れるようになるはず。

リスニング素材を使ってタイピング練習

そこで、このセクションでは、英単語をリスニングし、それをタイピングするスタイルを採用することにした。正解は、「正解欄」に記載されているが、もちろん、その正解を見ないで、リスニングした内容をタイピングすることに意味がある。

リスニング・タイピング・カテゴリーのコンテンツ一覧

インターネットに関係した英単語

インターネットは、アメリカの軍事ネットワーク「アーパネット」に起源を持つ。つまり、アメリカ産のテクノロジー。だから、インターネットに関係したカタカナ英語は、どれも馴染みがあるはず。しかし、普段認識している「カタカナ・アクセント」がネイティブのそれと違うと、とたんに聞きとり辛くなる。

コンピュータに関係した英単語

コンピュータもアメリカ人の発明品。普段、我々が日常で使う用語も、英語がそのままカタカナになって使われているケースが多い。だから、コンピュータ関連の用語は、「英語を英語のまま理解している単語群」と言うこともできる。あとは、リスニングをマスターするだけ。

重要エッセンス

英語の学習は、手を広げすぎるとキリがない。そして、欲張り過ぎると、「いざ、しゃべらなければならないときに、肝心なフレーズが出てこない」。そんな状況に陥りがち。だから、まずは量より質。「100%完璧なエリア」を固めることが重要だ。